D.C.II S.C. 公式パーフェクトビジュアルブック

D.C.II S.C. 公式パーフェクトビジュアルブック
D.C.II S.C. 公式パーフェクトビジュアルブック

 

実に普通のVFB。

普通に普通ゆえ普通にファン必携という感じ。私は満足

スタッフインタビュー、キャストインタビュー(いつものひなき藍さん、きのみ聖さん、立花あやさんの3人組)は普通に面白い。

本編VFBの時と同じくCG1枚1枚に原画担当の細かいコメントが入っているのはグッド。今回杏の原画が途中で変わっていますが、どの絵がみつまむさん担当、どの絵が立羽さん担当かというのも分かります。

だいたいが予想通りでしたが(笑) 表情から皮肉っぽさというか毒気が完全に抜けてる印象を受けた絵は全部立羽さんだった。

 

エターナルファンタジーのキャストについての言及もありますが、

ひなき嬢のロコモコに対してのコメントが「ちょうど弟くんのえっちぃ本を発見した音姫ちゃんのテンションを100倍にした感じです!」ってのは正直例えがよく分からない(ノ∀`)

とにかく楽しそうなキャラだというのだけは。

 

あとは巻末のしょーもない某女性向け雑誌のパロディ企画(D.C.IIのVFBにもあったアレ)が今回はみょーに面白かったです(・ω・)

 

さて、VFB表紙のテレカ通販申し込んでおくか(*´Д`)

- : comments (0) : trackbacks (0) : 編集

エターナルファンタジー キャストのこと

エターナルファンタジー オフィシャルサイト

 

キャストが公開されたというんでキャラ紹介ページ見たんですよ。

何となく最初に開いたロコモコが「CAST:ひなき藍」の表記にコーヒー噴きそうになった(ノ∀`) ウサミミが音姉かよその発想は無かった。

しかし合っている。これは楽しそうなキャラだ。

つーか彼女らがエターナルファンタジーに起用されること自体が全く想像つかなかったのだが、きのみ聖嬢がファルテ、立花あや嬢がアルシェということでお三方そろい踏み。

ファルテは一人称が「わし」と喋りが古風な分をのぞけば、どこぞのツンツン義妹とどこが違うんだろうというサンプルボイスでありましたが、

そこがまたよいのでノープロブレム。

アルシェは・・・正直びみょい。うーんうーん

 

げっちゅ屋やソフマップを見る限りでは発売日は9/28のようで。

まぁ予想通りではありますが、最終試験くじらAliveと1日違いなのはどーなんですか(ノ∀`)

ともかくふちけん的にがっつり遊べるRPGになっていれば何の文句もないので、それなりに期待して待つのであります(・ω・)

エロゲでやりこみってTtTやプリっち以来やってないよなぁ・・・

エロゲ/ギャルゲ > エターナルファンタジー : comments (0) : trackbacks (0) : 編集

Diagnosis 〜強欲のノート〜 感想



神村ひなさんが出演されてるとのことで、さくっとコンプした一作。
攻略をまとめてたりしてたので感想書きが遅れました。昨日ブログが一部壊れてしまって、直すまで記事が書けない状態だったし(・ω・)

満足度:7/10
ツボ:神村ひなさんのCV

『神村ひなさんのファンなら抑えとけ、そうでなければ買うな』

結論から言ってしまうとそんなゲーム(ノ∀`)
1890円という価格を考えれば神村さん贔屓部分をさっ引いてもコストパフォーマンス的に悪いゲームではないので『買うな』は言い過ぎですが。
ヒロインが里佳1人ということもあるので、このキャラに好きになれるかどうかで評価が決まるでしょう。

diagII
プロローグ部分ではこんな台詞吐く嫌な女だし、主人公も電波全開自己中妄想世界の住人とキモさ満点で開始30分ぐらいはかなり苦痛でしたが、そこを抜ければあとは桃源郷(*´Д`)/
一応ジャンルは『陵辱SLG』となっていますが、調教が進んでいくとなんか里佳の方が主人公に情が移って主人公に心を許すようになりどんどん可愛らしくなっていきます。
シーンによってはすげぇラブラブな感じになっていくので、絵柄のかわいらしさも相まって全然陵辱な感じを受けない(ノ∀`)
一応導入から調教初期段階は里佳の弱みを握って・・・といった趣向ではありますけど。
加えてあほすぎてつい笑ってしまうエロシーンも多かった(ノ∀`)
日常描写が一切無く、プロローグとエンディング以外のシーンは全てエロだけで構成されているゲームなのですが、その中でただの陵辱のはけ口としてだけではないヒロインとしての里佳をうまく描けているのではないかと。
この手のゲームはまともにシナリオ読まずさっさと回想フル化する私にしては珍しく、まともにテキスト読みました。

まぁそうはいってもそこは同人作品、ボリューム的には3時間もあればフルコンプ出来る量ですし、声か絵のどちらかが好みでない限りはお勧めできるものではないですけどね。
神村ひなファンであればこれは抑えておくべき一本ではないかと思います。
このお方のキャラと言えばパティシエなにゃんこのかなで、おとボクの瑞穂ちゃん、そらうたの知夏あたりが代表的な良キャラ(良神村ひなゲー)として上げられると思いますが、これらと並べても見劣りしない・・・というのはさすがに言い過ぎかなぁ。
とにかく今までにないタイプのキャラだった(嫌な女→ツンデレ+ちょっとMっ気)のと、短いゲームとはいえ単独ヒロインというのが効果大でした。
ほとんど期待してなかったエロについても思いの外よい塩梅。これはいい買い物をしました。


勢い余ってプリっち以来実に2年ぶりにエロゲ(といっても同人ですけど)攻略を。他に攻略を載せているところがないこともあり、思いの外需要があったようです(ノ∀`)
月曜日に1日たっぷり時間を取ってプレーし続けたのですが、結局END分岐の詳しい条件など細かい部分はほとんど解明できず終い。
2つのコマンド(選択肢)を選び続けるだけでもGOODENDにいけるゲーム設計はさすがにどうなのか。
SLGとしての作りは甘いよなぁ。一度選んだコマンドは次回以降淫乱の上昇半減とかある程度制限かけるのが普通じゃないのか。

攻略チャート作る際にある程度データはため込んでいますが(コマンド毎の淫乱上昇、体力減少値など)、整理しきれずどうにも分からない部分もあるので、このまま放置されそうな感じ。うーん

→5/19追記:結局手元にある分だけデータ全て反映させました。眠ったままにしておくのももったいないですしね。
声優 > 神村ひな : comments (0) : trackbacks (0) : 編集
関連エントリ


1/6 >>
最近の記事
ログ
日記カテゴリ
etc